« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

お久しぶりでございます

 

みなさまご無沙汰しておりましたcoverです。

 

今回もボウリングネタじゃなくてすみません。

というか今年は1回投げましたけど、その1回だけです。

予想通りスーパーしょぼかったですけど。

 

ボウリングネタでもないのに

ボウリングブログに記事を書き込むのもどうかと思いますが

すみません。

書くことで気分がすっとするんですかね。

自分でもよう分かりません。

 

 

大阪の父親が末期の膵臓がんというのが判明しまして。

つい数ヶ月前までは元気にしてたんですけどね。

かなりショックを受けました。

 

それからというもの、毎日毎日何か助かる方法はないかとか

調べまくっております。

また、闘病記とかも読んだりして勉強しました。

まずは敵を知ることから、じゃないですか。

 

でも膵臓がんって助かる見込み、ないんですね。

進行度で言うとステージ4Bという、最終形です。

調べれば調べるほど絶望してしまいます・・・。

余命は3ヶ月ということも聞かされました。

それでも家族のみんなも同じように

個々で色々手立てを調べております。

 

そしてこの土日に一人で大阪に行ってきました。

正月に会ったばかりなのに、

また会いたくなって来るんですね。こういう時って。

ものの1ヶ月しか経ってないというのに、

明らかに別人になっておりました。

顔は灰色というか、死人のようなツヤになっており、

黒目もグレーがかったように見えました。

本人も3ヶ月ということは主治医から聞いております。

というか本人が一番最初に聞いたらしい・・・。

 

父親は精神力が強く、意地とプライドで今まで生きてきたような

男です。

こんな状況になってもめげておりません。

でも苦しいのをやせ我慢してるのは痛いほど分かります。

会話をする時なんか、いつもより声を張ってますもん・・・

 

しんどい、とか、もうあかん、とか

そういうことを思った瞬間に支えてるものが崩れてしまう

そんな勢いでした。

 

 

逆に母親はまだ頭の切り替えが出来ておらず

毎日落ち込んだままです。

私と話した時も

「街中で歩いてても自分だけ一段違うとこにおるみたいやねん」

と言っておりました。

なんか、違う世界に迷い込んだような感覚です。

今までの“普通の生活”というのに戻れないんですよね。

  

父親は恐らく助からないでしょう。

諦めではなくて現実はそうだと思います。

でも寝たきりで90まで生きて「大往生」と言われるよりも

走りまくって精一杯生きた60の方が大往生と思います。

 

私の中で、

人生で一番嬉しかったことは「子供が出来たこと」です。

そして一番悲しいことは「親の死」

になると思います。

人間、全員もれなく死ぬのは分かっています。

でも、あまりに遠すぎて結局他人事として考えてたのが

突然現実を突きつけられたという感じですね。

 

3月にも大阪に行ってみようと思います。

3ヶ月と言っても私にとって会えるのは数日ですからね。

 

ということでボウリングはまだしばらく出来ません。

くそー。

普通に練習できてれば今頃とっくにプロやねんけどなー。

(ウソ)

| | コメント (32)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »