« 1年半ぶりの大きい大会 | トップページ | さて、やり直しや! »

2008年8月27日 (水)

1年半ぶりの大きい大会後編

 

前置きが長くなってしまい、

結局本題に入ろうとしたところでやめてしまい、

前編がないのに後編を作るという

計画性0のまま突き進んでおります。

 

えーと、前回は大会直前までの模様をお伝えしたんですけど、

今回はボウリング大会の内容について書きます。

 

結果が結果だけに低いテンションになりますけど、

自分の感じたことを書こうと思います。

あくまで、自分が感じたことなので

フィーリングっす。

 

 

我々は前半のシフトなので、

最初の練習投球は完全に様子見で投げます。

 

私が第一投球者なので、

普段転がしているようなラインをちょろっと投げてみる。

15枚近辺を通して出していくライン。

 

これが全く曲がらず直線的にガターへ。

 

 

感じたこと : ほっほう、オイリーなのか!?

 

他のボックスでも次々とガターへ投じている、人もいる(笑)

外から真っ直ぐめのラインを好む人は

3番とか、6番とか。

まったくポケットに届く気配がない。

 

 

私も外から投げてみる。

 

結果 : 3番ヒット。

 

でもでも、内ミスすると

途中でえらい方向を変えて2番ヒット。

 

む、むっむーう。

ヘッドピンに当たらない・・・。

 

 

そのままゲームスタートですわ。

 

このよく分からんコンディションに、

立ち位置を変えたりラインを変えたり

四苦八苦しております。

 

1G目、

右に左にノーヘッド。

ラッキーストライクが2個あったけど、

それ以外は全部ノーヘッド。

しかも右と左で半々ずつぐらい。

スコアはなんと100(笑)

 

スペアもまともに取れねー!!

 

 

ヘッドピンに当てるのが、こんなに難しいとは・・・。

 

私のイメージでは

中遅かなと思いましたけど、

たけやんさんが言うには

「フラットと思うよ」

 

確かに、中にもオイルはある。

普段投げてるコンディションが、外に壁があり

奥にいくにしたがってドライゾーンが増えていくという

ハイスコで投げているので

外のフッキングが奥になるとオイリーと感じてしまう。

 

 

実際、どこから投げてもフッキングポイントさえ合えば

ポケットに行くみたい。

 

でも、その幅がものすごく狭い。

 

たけやんさんのようにえげつない回転があっても

ほんのちょっと外にミスっただけでヘッドピンに当たらない。

逆にちょっと内ミスしてもヘッドピンに当たらない。

 

 

出し気味のラインを取ってる我々は全員ガターがあった(笑)

でも他のボックスでもチラホラと。

 

 

 

元々コントロールが悪い私なんかが

こういうスポーツコンディションちっくなレーンで投げると

えらいことになる。

 

6番直撃の3本カウントの直後、

4番直撃の3本カウントとかあった(笑)

 

いやー、見事に真ん中外してますねσ(^ ^;)。

 

 

結局、3G目にようやく攻めるラインを決めたという感じ。

 

ボックスの6人中4人はインサイドから。

2人は大外からクロス。

 

フッキングは13枚前後(やったと思う)に合わせれば

ポケットという感じ。

 

他のレーンは外から攻める人がほとんどで、

外のオイルにつかまって薄めノーヘッドが多く、

後半シフトで見ていた人は

「オイリーだね」

という感想を言ってましたわ。

 

実際、オイリーではないと思います。

奥でのフッキングはハッキリしていたし。

 

 

3G目になればレーンも多少落ち着いてきて

ノーヘッドはほとんどなかった。

 

 

 

で、最初のシリーズ

378_| ̄|○

 

 

やっちまった・・・。

マッキューンも3の字でございます。

 

た、たけやんさん・・・

すんません・・・。

 

 

全く戦力になってないっすぅーーー!!

 

 

恐らく、このシフトでプラスを打ってる人はいなかったと思う。

 

みんながみんな

「シビアなレーンだ」と言ってた。

 

 

そして8月に入って、アベが200ぐらいあったのが

完全にレーンのおかげということが明らかになりました('A`)

 

でも、

それでも、

いくらなんでも、

 

80もアベ下がるかー!?

 

 

でも現実問題、そうなっております。

技術レベルが突然落ちたとか

そんなことはないと思います。

 

普段、いかに生ぬるいレーンで投げてたか

いかに快適なレーンで投げてたかを痛感しました。

 

 

 

さてさて、

気を取り直して2回戦でございます。

 

ここで入ったのが1-2レーン。

 

同じボックスに入ったチームが

「このレーン、特に1番がオイルおかしいよ」

と教えてくれました。

 

どうやら1回戦から様子がおかしかったようです。

投げてみても、明らかに2番と違います。 

でも、見た感じで2番と3番も全然違っていた。

 

とにかく、1-2レーンはオイルが枯れていたんですよね。

 

 

 

このチームは3人ともストローカーで、

昨年ベストアマ獲った人もいて

みんな黒ワッペンの超上級ボウラーです。

 

オイルの読みとかすごいんですけども、

それ以上にレーンも厳しかったっす。

 

 

スパットで20枚より外を使うと完全にポケットに届かない。

1番レーンなんか最初から25枚通しになってしまいます。

全員。

 

 

最後は30枚を通すという苦しいライン取りになり、

普段こんなインサイドを投げてなかったので

ものっすごい投げづらかったっす。

 

それでも、思い切って出しに行くと、

ドライゾーンを突っ切ったとこにはオイルがある。

そう、奥の外には朝一の最初から使われてないオイルがあるんですよ。

 

ドライゾーンを突っ切ってしまうと

今度は全然曲がらずにノーヘッド、です。

 

だから3-6絡みのスペアなんかも難しい。

 

 

 

上級者チームはストローカーと言えどもスパット30枚を

平気で投げてきます。

非常にタイトなラインを正確に突いてきます。

渋いです、マジで。

 

しかし、こともあろうに1番レーン。

そう、アプローチの左側が壁で歩きにくいんですよね。

これにはみんな苦労してました。

 

私も調子に乗って同じ30枚通しに挑戦。

イメージとしては、30枚を通して直線で1-3に持っていく感じ。

これが成功するとストライク。

でもいかんせん幅がないのでストライクを続けることは

非常に難しい。

私は投げ慣れてなくてフォームが崩れてきまして。

最後は裏ばっかりでした。

 

 

恐らくですけど、

メンテマシーンを左から(1番レーンから)かけていき、

最初のレーンではオイルの出がとても悪かったのではないかと。

 

我々が25枚とか30枚とか使ってた時にも

他のボックスでは20枚より外で勝負してました。

 

 

このシリーズ、451。

これでも健闘したと思うねんけどなー。

 

みんな「疲れたー」

って言ってました。

 

 

読んでる人の中には

「その外のオイルをうまいこと使えばええやんけ」

と思う人もいると思いますけども。

 

外の奥にはありますが手前がない。

すぐに噛んでしまってですね、

使えないんですよ。

一度たけやんさんが思い切ってトライしましたけど

左ノーヘッドでした。

で、一回でやめました(笑)

 

 

そのたけやんさんは最後のゲームで意地の200UP。

ナイスゲーム!!

30km/hオーバーのスピードボールをディープインサイドから

放り込んでました。

 

このボックスで唯一の200UP。

 

 

で、私の結果 : アベ138

 

しょべーー!!!

 

 

なんというか、

ショベー!!

 

今回分かったことは

・ちゃんとした大会に出るにしてはコントロールが悪すぎる

・大外からディープインサイドまで練習すべき

・スペアは直球で

 

この辺も課題としてやっていこうと思う。

普段のコンディションでは30枚とか使うことないですもん。

でも出来る人は35枚とかも使うハズ。

慣れてないとフォームも崩れるしメンタルにも悪い。

なによりコントロール出来ない。

 

 

 

もしくは、ホントに誰も使ってないような

大外2枚とかを通して、

ストローカーでは厳しいぐらいの奥から曲げていくと

もしかするとおいしいのかも。

想像ですけど。

 

 

あー、結局おのれのふがいなさを痛感しましたけど

ひさびさの大会は得るものも大きかったです。

そして楽しかったすー!

 

 

たけやんさんありがとうございました。

非常にええ勉強させてもらいました。

 

 

もうちょっとだけレベルを上げれるようにがんばります。

|

« 1年半ぶりの大きい大会 | トップページ | さて、やり直しや! »

コメント

以前、toroさんが言っていた「オイルの引き方によってスコアなんてどうにでもなる」って正にこのことですね。
多分、そこをホームにされている方も出ていたと思うのですがどう言う感想を持たれてましたか?
何時もと全然、違ったと言う事でしょうか?
それにしてもドライゾーンを抜けたあとにオイルがあるのは辛いですね。
一難去ってまた一難って言う感じです。
お疲れ様でした。

投稿: のぶた | 2008年8月27日 (水) 01時19分

お疲れ様でした。
たけやんさんの声を見る前の、記事の始めの方を読んで、42ft位のフラットじゃないかな?と感じました。
こう言うレーンは、外に膨らますラインだと、内ミスは早くドライゾーンに入るし、外ミスはなかなかドライゾーンに入らないので、余計に難しくなります。
できるだけレーンの中寄りを直線的に、できれば少々クロス気味に攻めるのが、スコアを安定させるコツです。
そうすると、次第にキャリーダウンでクラウン型になってきますので、攻めやすくなります。
ま、その頃はレーン移動なんですけどね○| ̄|_

しかし、2回戦のレーンはひどいですね。
確かに、メンテの1本目って、オイルが薄いだけじゃなく、ばらついているって良く聞きますからね。

投稿: りりー | 2008年8月27日 (水) 01時45分

ねっ、こういうレーンを大会で体感すると、
レーンだって意味の奥深い意味が、
分かってもらえるんですよ。

前半も後半のレーンも、
打たせないという意図が読み取れますよね。

それでもスコアをまとめるのには、
コントロールが必要になってくるんだけど、
狭い所を通し続ける気力も失せちゃう感じで、
私でも4の字だったはずですよ(^◇^)

投稿: torokakke | 2008年8月27日 (水) 03時18分

日曜日はお疲れ様です。とても疲れました。今度こちらの方に遊びに来ませんか?とってもいいレーンだと思いますので、マキューンとたけやんさん連れて遊びに来て下さい。しかしあのレーンは疲れた。・・・

投稿: ターザン | 2008年8月27日 (水) 15時56分

のぶたさん
 
ここをホームにしてる人と投げた後に話をしてませんけども、
やっぱり違うと思いますよ。
 
ドライゾーンを抜けたらオイルがあるのは怖いですけど、それよりも最初のフラットなコンディションの方がシビアでした。
ドライゾーンを抜けるということはかなりの失投ですが、フラットな場合は少しの失投で突き抜けてしまいます。
 
疲れたけど楽しかったですよ。
コンディションを楽しめるまではいってませんけど。
 
次はこういうコンディションを楽しめるようにならないと・・・汗

投稿: COVER | 2008年8月27日 (水) 20時06分

りりーさん
 
多分長さはそれぐらいじゃないかと思いますよ。
 
最終的に私がインサイドから投げた理由としては
・慣れてるので投げやすかった
・同じラインを使う人が多かった
・というかたけやんさんに合わせたかった
 
こんな感じです。
隣のボックス(上級者)はりりーさんの言うように外からちょいクロスでラインを合わせてきており、
2G目ぐらいからフッキングに幅が出てきているように思えましたね。
 
恐らくインサイドからでもラインをきっちり合わせれれば幅が出せたと思うんですよね。
そこがコントロール悪いボウラーの痛いとこですわ(笑)

投稿: COVER | 2008年8月27日 (水) 20時10分

torokakkeさん
 
ホンマに、レーンに弄ばれたような感じっすσ(^ ^;)
 
でもこういう経験をすると今までと違った練習をしようという気になりますね。
そしてもっと慣れてくると、
こういうレーンでもハイスコレーンに変化させるテクニックが付いてくるんでしょうか。
 
toroさん軍団がチーム作ってライン合わせれば
すぐに打ち上げるんじゃないっすか。
 
私はスコアの意味でもレーンの意味でも足を引っぱってしまいました…_| ̄|○

投稿: COVER | 2008年8月27日 (水) 20時16分

ターザンさん
 
おっ!
ブログではおひさです!
 
先日はお疲れ様でした。
久しぶりにああいう大会に出ると
普段と違って楽しいですね!
色んな人と会えるし。
 
またその内遊びに行きます!

投稿: COVER | 2008年8月27日 (水) 20時20分

今年の大会で310シリーズの記録を持つミスターXがきましたよ。私の場合はハイスコレーンでのみ爆発する典型的なレーン頼みタイプです。COVERさんの記事からいえるのは,私も絶対打てないレンコンだったろうなという感じです。ただ自分が打てないのはともかく,世界のたけやんさんと組んでいて,このスコアというのはシングルスの10倍のプレッシャーがかかりそうですね。

投稿: ミスターX | 2008年8月27日 (水) 22時42分

いやいやお疲れ様でした。
レーンの様子も良く伝わり、吸い込まれるように
記事に目を通してしまいました。
自分なら、動きの少ないレイアウトのボールで
外から外からクロス気味に攻めるしか150upしそうにありません(笑)

投稿: ねこ460 | 2008年8月27日 (水) 23時58分

ミスターXさん
 
そうなんですよ、プレッシャーかかりましたねー。
しかもこんな大会久しぶりでしたし。
 
でもあれですね。
ハイスコレーンは全体的にスコアが高くなり
超上級者にとっては中級以下とのスコアで差がなくなってくるので難しいコンディションを好むかも知れませんね。
 
と超初心者のくせに上級者の心配をしております(笑)
 

投稿: COVER | 2008年8月28日 (木) 00時19分

ねこさん
 
ボールっすかー!
 
というか、150UPっすかーー!!
 
クロスのラインとか普段投げないので
これまた難しいんですよねー。
やっぱり練習しないといけないんですけど。
 
でもなんか、もう1回このコンディションで
リベンジしたい衝動にかられます。
 
その前にこのコンディションで
一人で20Gぐらい投げて、
オイルを変化させて攻略する方法を練習したいす。

投稿: COVER | 2008年8月28日 (木) 00時24分

お久しぶりです。

大会のレーンコンディションは
本当に変化が早いので、対応するのが
厳しいですね。

いろんなボウリング場で投げたいです。

お互い頑張りましょう。

投稿: ウエポン | 2008年8月30日 (土) 22時02分

ウエポンさん
 
お久しぶりっすーー!
元気でしたか。
最近何年か会ってないですね。
 
大会は、楽に打たせてはくれませんね。
色んなセンターで投げたいですね!

投稿: COVER | 2008年8月31日 (日) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年半ぶりの大きい大会 | トップページ | さて、やり直しや! »