« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月18日 (火)

久々の投稿

 

こんばんはー。

 

たまには更新しないとと思って更新します。

えーと、最近私生活がバタバタと色々あって

ここ2週間以上ボールに触れておりません。

ブログを更新するネタもないのですよ。

クソぅ。

 

落ち着いたら投げたいんですけどねー。

いつになるやら。

 

 

ええニュースと言えば紅葉してきたことと

シャケが近所の川に上ってきたぐらいですわ。

それともうすぐ1歳になる次男坊が1歩だけ歩いたことかな。

5センチぐらい。

最高に嬉しかったですけど。

 

 

 

とりあえず早いうちに軽く投げないと感覚を忘れてしまう。

よし、今週絶対1回は投げよう。

 

 

 

と意気込みだけを書いた日記でした!

| | コメント (10)

2008年11月 4日 (火)

たけやん先生、本気を出す

 

この日曜に大会に出てきました。

長野でのABBFの個人戦。

そしてたけやんさんの恐ろしさを思いっきり味わいましたsign03

だいぶ長くなるのでヒマなときにでも読んで下さい。

 

 

 

まずは土曜の夜。

たけやんさんとマッキューンで軽く投げた。

次の日に響かない程度に軽~く。

 

それがですな。

なぜか調子がよかったんですよ。ボク。

スピードがいつもより速かったんです。

原因は分かってませんけど。

多分たけやんさんと投げててタイミングとかが

微妙に影響されてたかも。

 

25~27km/hぐらい。

たけやんさんにはちょっと及ばないけど

近いスピードはあったかも。

気持ちよく投げれたー。

 

こりゃ、明日行けるで。

むちゃくちゃ調子がいい。

ああー、なんでこんな時にピークが来るかなー。

俺ってサイコー!

 

・・・。

と思ってたら・・・。

1週間前に皮がめくれた指に異変が・・・( ̄Д ̄;)。

めくれた後に出来た硬い皮が割れまして。

痛いのですよ。

 

 

投げ終わって深夜1時。

この時間から泊まるところを探し、

会場から程近いビジネスホテルを発見。

まだ人がおるか心配しながら入ってみた。

 

誰も出てこない。

当たり前か(-д-;)

 

と思ったら、

めっちゃ寝起きのオッサンが登場した!

思いっきり寝巻きで。

というかヨレたスウェットの上下で寝癖つけて。

 

なんか、パチンコに負けてヤケ酒飲んで寝て

日曜の早朝に起こされた50才のオッサンみたいな。

お前、勤務中やろがーー!っていいたいけど。

眠たくても出てきたことに免じて許してやろう。

 

でも一応ちゃんと泊まれたのでご安心下さいheart

 

 

さて本番前。

割れた薬指にテーピングを巻くことにした。

巻かないと投げれないから。

で、それに合わせてフィンガーグリップを交換。

穴を大きくしないと入らないですからね。

持参したボール2個とも。

 

で、言い訳しますけど。

ハッキリ言うてフィンガーにテーピングしたの初めてなんすよ。

そしてグリップって穴の形が2種類あるじゃないですか。

それもこの際変えてしまうことにしたんですよ。

ついでやから。

指にかからないようにするために。

 

でも、練習投球を投げるまではテーピングの感触、

違う形状のグリップの感触、

これを知ることは出来ないんですよね。

合わなかったらどないしよ、とか

痛かったらどないしよ、とか。

 

本番が始まる前から不安要素炸裂であります(笑)

 

で、練習投球開始。

 

・・・。

「無理」

 

ダメでした。

全く合いませんでした!

マジで。

 

とりあえずグリップを変えることを決めたけど

練習投球は忙しいから終わってから交換しよう。

 

そしてゲームが始まり、投げながら暇を見て交換。

2個とも交換終わるのに2Gかかった(笑)

 

もう、めちゃくちゃであります。

投げてる内にフォームもおかしくなってきて

結局1回戦のシリーズ483。

 

むきー!

こりゃ、ひどい。

 

昨日の段階では

「明日、決勝行けるよ」とか言われたのに。

最下位争いであります(笑)

 

参加者120人超なので

6人打ちボックスもいっぱいあって、

2シフト制。

の最下位争い。

きっついすよ。

 

 

で、たけやんさんは私とシフトが違うのでゆっくり堪能出来ました。

 

 

どうやら、調子がよいようです。

 

1回戦。

いきなり5連発からのスタート。

まさに、ロケットスタートであります!

しかも、ただのストライクじゃないんですよね。

なぎ倒すストライクなんですよ。

いつものことですけど。

 

このゲーム263。

最高のスタートであります。

 

もはや私は参加選手ではなく、ただのお客さんでした。

 

前半終わってプラス60ちょい。

いい位置につけている。

10位ちょいかな。

 

 

さて、私のシフトが終わったとこで昼飯を食べに行くことに。

この間はたけやんさんの後半シフト開始ゲーム。

見れないけどしょうがない。全部は見れない。

 

 

同じシフトのryoとポんと一緒にモスバーガーで昼食。

モスバーガーとポテトSとコーラ。

 

ポンは何かのセットとコーヒーシェイク。

うまいんですよねコーヒーシェイク。

大好きですよコーヒーシェイク。

 

でも、ポんは食べ物は終わって

コーラとコーヒーシェイクが残ってやがる。

飲み物2発。

お前、シェイク持ってセンターに行けやと言いたかった。

というか言った。

 

しかし!

持ち帰り仕様じゃなかったんですよ。コーヒーシェイク。

なんとガラスのコップに入っておる。

私は「持ち帰り許したる」

と許可してあげました。権力ないけど。

で、当たり前やけど本人が拒んだので

結局飲み干すまで待つことに。

 

そしてさらに気付いたこと。

私「あれ?そういえば俺のポテトにオニオン入ってた」

ryo「あーー!俺はただのポテトだけーー!」

 

そう、どうやらryoはオニポテを注文したらしい。

それを俺が食べたらしい(笑) 

めっちゃ悔しそうにしてた。

 

 

でもですよ、

この場を借りて言い訳をさせてもらうと。

私は残った方のポテトを食べただけなんすよ。

というか、ポテトSをryoが最初に持っていったんすよ。

 

ま、こんなやりとりはホンマにどうでもいいですな。

ボウリングに戻りますか。

 

ポんがコーヒーシェイクを飲み終わったので

センターに戻りました。

 

 

で、たけやんさんの様子を見に行ったんですよ。

5G目が始まったばっかりのとこでしたね。

覚えております。

 

話しかけたら

たけやん「やっちゃった」

 

「やっちゃった」?

何を!?

誰を!?(笑)

 

意味が分からん。

まさかローゲーム!?

90台!?

まさかの80台!?

プププ!!

逆転しちゃいますよ!?

やっちまいましたかーー!

俺にもチャンス到来っすかーー!

 

 

と思ったら記録用紙を見せてくれた。

 

 

 

「300」

 

 

 

は!?

 

意味、もっと分かりませんけどっ!

 

どうやら、すごかったらしいです。

何箱も向こうで投げてるソースケが震えてしまったらしい(笑)

ちょっとかわいい。

 

スゲー!

スゲスゲスゲー!!

 

初めてのセンターでましてや大会で

パパパーフェクトと出されるとは!!!

 

もう、言葉がありません。

 

 

ただでさえ目立つじゃないっすか。

あの投球。

スコアが出なくても目立つフォームにスピードに回転。

でもその上にマイク放送もあって、

最後は他の投球者が投げるのをやめるじゃないすか。

しかも全レーン使う2シフトの大会。

もっとも注目を集める場面ですよ。

 

めちゃ興奮を感じましたけど、

けども・・・。

 

クソクソクソー!!!

なんで、

なんで、

 

コーヒーシェイク飲むの遅いねん( ̄Д ̄;)

 

いや、もしくはオニオンの口論かーー!

 

 

なんちゅうタイミング。

この瞬間を見逃してしまったワケですよ。

大失態なワケですよ。

もはや凡ミスでは済まされないんですよ。

 

今まで一緒に投げてきて、

たけやんさんの投球を1Gまるまる見てないのって

今回が初めてやったんですよ。

今まではトリオ戦やったし。

オフ会とかでも絶対見てたし。

 

クソー!!

 

 

この後、醜い言い争いが繰り広げられたのは言うまでもありません。

 

しかし。

もしかすると、

「我々が見てなかったから出たのかも知れない」

という仮説も飛び出しましたけどね(笑)

 

 

で、このシリーズ780としまして、

一気にトップに躍り出ました。

 

すごいですよ。

恐ろしいですよ。

 

ちなみに県連の記録では歴代ハイゲームに並び

歴代ハイシリーズ2位の記録になりました。

300は9年ぶりに出たようです。

女子ではポんがハイゲームとハイシリーズの記録保持者です。

 

 

 

そして決勝戦。

もはや私はただの観客でしかありません。

 

順位によってボックスが決まるので

優勝争いボックスは強豪ばかり。

トップのたけやんさんに80ピン差で2位グループが5人という感じ。

しかし、決勝戦は相当枯れております。

 

ラインとしては全員が20枚より中のスパットを使っている。

しかしたけやんさん以外はスピナー気味の球質なので

結構走ってます。

状況的にはたけやんさんが不利かも。

予選のアドバンテージをどこまで持ちこたえれるかになります。

それに、優勝争いしてるだけあって全員コントロールがすごい。

見ていると全くコントロールミスがないんですよね。

 

インサイドからの投げにくそうなアングルをひょいひょいと投げる。

でも相当枯れているのでなかなかストライクが続かない。

たけやんさんは今までにないスピードを出して押し込んでいる。

後で動画見たら33km/h出てた。

でも10本倒すのが非常に難しいシビアなレーンでした。

 

それでもトップボウラー達はオープンフレームを作らない。

たけやんさんもストライクが続かず、

スペアを拾っていく我慢のボウリング。

そして最初の難関 3-4-6-7というスプリット。

 

状況としてはオープンを絶対に作りたくない。

誰もオープンを出してないんですから。

 

そして、恐ろしい程の集中力でカバー。

 

終盤には4-9も見事にカバーした。

追いかけてくる人にスキを与えない。

でも、ストライクが続いている人もいる。

他の人も4-9、4-10、5-10とスプリットを全部取るんですよ。

もう、「ミス出来ない」という空気がそうさせている。

ボックスの空気が異様でした。

 

本気ですね。

 

初めて本気のたけやんさんを見た気がします。

 

このゲーム、ノーミスながら191。

でもストライクが続いた人とはだいぶ差が縮まってしまった。

 

 

次のゲーム。

さっきと同じような展開なら逆転されます。

確実に勝たないといけない、そんなゲーム。

しかし序盤からスペアの連続。

ストライクが出ても単発。

 

どうしても、続かない。

 

ここで欲しいというところでなかなか飛ばない。

 

6フレ。

ジャストに入ったと思ったら8タップ。

流れ、やばいなと正直思った。

 

しかし7フレは裏まで行ってしまってのストライク。

ラッキーやけど次も出してこれを生かしたいところ。

 

そして、たけやんさんの恐ろしさを感じたのはここから。

8フレにはさらにインサイドに寄りストライク。

そして、オールウェイ。

237として2位にまた80ピン差を付け、

そのまま優勝してしまいました~o(*^▽^*)o

 

スゲーっすよ。

 

ホンモノですよ。

 

あの球威だけでも勝てないのに、

さらに集中力やアジャスティング、メンタル。

 

特に決勝1G目の2つのスプリットをオープンにしていると

160台で終わってた可能性が高い。

あれが流れを断ち切らない重要な投球だったと思う。

 

いやー、自分があのステージに上がる日は来るんかと思うぐらい

レベルの違いを感じましたよ。

 

 

自分の投球としてはひどいもんでしたけど

楽しかったですねー。

ありがとうございました!

 

そして、来年は選手宣誓をがんばって下さい(笑)

| | コメント (20)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »